比較的狭いエリア内で地元に密着した活動

ホームへ戻る > 比較的狭いエリア内で地元に密着した活動

ハウスメーカーと工務店の違い
天然無垢材を使用した家づくり
土地に最適な住宅
日当たりのよい住宅が多い印象
これから子供を育てていくには申し分ない自然が残る環境

工務店とは比較的狭い営業エリア内で地元に密着した活動を行なっている建設会社のことで、建築主の希望にそって設計してくれるのが特徴であります。

最初に工務店という名前を使った会社は、現在のスーパーゼネコンの1つの竹中工務店であります。竹中工務店は江戸時代の前期の1610年に織田信長の元家来の初代竹中籐兵衛正高が創業し、神社仏閣の造営に携わり、明治時代の到来により、建築時術をヨーロッパから学び数々の建築物を施工し、1909年に日本で初めて合名会社竹中工務店を設立したのが始まりとして工務店が一般的に広まっていきました。島根県の人口は72万人でありますが、都道府県別人口将来見通しでは、2005年から2035年まで全国ワースト1であります。人口増加はあまり期待できず、そのために新設住宅にも大きな影響が出てきています。島根県の平成20年の新設住宅着工戸数は3200戸でありましたが、平成21年は去年を大幅に減少する戸数となっています。

島根県総数でみても7カ月連続の減少であり、上半期総数では28%の減少となっています。その一方各地区の工務店は、大手に負けじと独自の分野での巻き返しを図っていてオリジナル商品を多く出し、他工務店との商品の差別化がますます顕著になってきています。