日当たりのよい住宅が多い印象

ホームへ戻る >  比較的狭いエリア内で地元に密着した活動  > 日当たりのよい住宅が多い印象

観光名所としても有名な長崎は、九州の北西部に位置します。

古くから外国との交流が盛んな地域のため、異国情緒あふれる都市で、市内南北を繋いで走る路面電車は市民の足になっています。

長崎市は、三方を山に囲まれているすり鉢状の形状になっているため、山の斜面を利用した住宅地が多く、坂の多い街並みが特徴です。海に通じる道のほとんどは急な坂道を下ったところにあり、坂を登るにつれて道は狭く細く入り組んでいます。そのため、小回りの利く原付バイクを利用する方がとても多いです。

一戸建てでも敷地に入るまで階段を利用する設計になっていたり、通りに面した敷地でも玄関までに階段がある設計になっていたりするので、日当たりのよい住宅が多い印象です。長崎では、一戸建て建設や新築一戸建て購入の融資などの公的補助による住宅支援はありませんが、自治体が提供する不動産情報などがあります。また、U・Iターンで定住を考えていらっしゃる方に向けて、地域での生活を体験できるように市町が宿泊施設を用意している地区もあります。農業や漁業が盛んな地域では、それぞれの職業への就業のための研修などもあり、実際に地域での生活を体験することによって移住された方も多いようです。