口元のコンプレックス軽減

ホームへ戻る > 口元のコンプレックス軽減

素材で変わる治療費
30代の歯周病
歯磨きの指導
虫歯で歯を失ってしまったら
歯のおしゃれとは

豊島区は、人口約26.3万人、世帯数約14.4万世帯であります。豊島の地名は古く、古代律令制下の武蔵国の郡名にまでさかのぼることができます。れは642年(大化2年)、大和政権から東に派遣された国司の監査報告の中に「豊島」の地名が見え、律令制定下の701年の郡制制定後に郡名として用いられました。また万葉集には、防人の歌に「豊島郡」の妻という読み人が出てきています。そして昭和7年に東京市郡合併により東京市に編入され、北豊島郡下にあった巣鴨町・西巣鴨町・長崎町・高田町の4つの町が統合され、区名については、協議の結果その由緒ある名前を残すことから「豊島区」が誕生しました。最近では大人でも歯の矯正をする人が増加し、ここ豊島でも例外ではありません。それは矯正歯科があまり年齢に関係がなくなってきたことにも関係があります。

矯正歯科治療により、良いかみ合わせで食べ物を咬むことができるようになり、唾液の分泌が活性化され、顔や脳への血の流れが良くなり、アンチエイジング効果も高くなり、口元へのコンプレックスである精神的影響が減少します。そして頭痛や肩こりといった体の不調などもかみ合わせからくることも多く、それも矯正歯科により改善できるからだと言われています。