素材で変わる治療費

ホームへ戻る >  口元のコンプレックス軽減  > 素材で変わる治療費

歯科医療技術が進化している中で、入れ歯は確実に使いやすく進化を遂げています。入れ歯には様々なメリットがあります。入れ歯、総入れ歯、どちらにおいても掃除がし易いということです。毎日のお手入れは、歯ブラシでブラッシングするだけで良いのです。又、入れ歯は取り外しが簡単にできますから、口内の変化に応じてその都度、調整することが簡単にできます。更に治療期間も短く済みます。通常の場合であれば、2ケ月弱で入れ歯の治療は完了します。入れ歯の治療は健康保険が適用されますので、インプラントに比べるととても低価格で作ることができます。安い物であれば、数千円から作ることもできます。保険適用で作ることができる入れ歯にレジン製の物があります。レジンというプラスチックできており、万が一壊れても簡単に修理できるのがメリットです。

しかし、材料やデザインに制限があることと、プラスチック製のため分厚くなってしまうために、食べ物の温度が分かりにいく事と、違和感が出やすいというデメリットも併せ持ってあます。自己負担にはなりますが、自由診療で作ることもでき、コバルトクロム合金、チタンなどの素材によって価格は異なります。金額は数十万円から作ることができます。松戸市には松戸駅、北松戸駅、松戸新田駅などがあります。松戸駅西口周辺は商業地域です。