30代の歯周病

ホームへ戻る >  口元のコンプレックス軽減  > 30代の歯周病

35歳が曲がり角といわれ、特に歯を失う原因でもっとも多いのが歯周病です。成人病とまでいわれるこの病気は、日頃の仕事の忙しさに任せて、不規則な生活などの為に少しの痛みや歯のぐらつきなど、見過ごしがちですが、こんな時こそ毎日のチェックが重要となります。昔から「80-20」と言われるように、80歳で自分の歯が20本あるのが理想と言われています。大切な自分の歯ですが、虫歯などで失ってしまう事も多いのが現実です。

最近さらに注目を集めているのがインプラント治療です。インプラント治療の手法は歯のないところに人口的な歯の根っこを埋め込み、その上に、人工の歯を補います。入れ歯と違って、周囲の歯に針金をかけたりしないので、周囲の歯に負担をかけることがありません。周囲の歯に負担をかけずに、失ってしまった歯を人工的に取り戻す事ができるメリットがあります。また、以前の自分の歯のように、天然に近い噛む力を期待できます。保険が適用されない為、高額な費用となるにもかかわらず歯科におけるインプラント治療は、ここ2~3年で更に注目され、患者も急増している治療方法です。千代田インプラントと検索をかけると、千代田区周辺においてインプラント治療をおこなっている歯科治療院が数多く検索できます。それぞれ、独自のホームページにて院内の様子や医療機器、治療価格などを紹介しています。インプラント専門の治療院も千代田でも数多く開設されているようです。これは、インプラント治療の需要が増えている現れと言って良いでしょう。