子供のときに始める矯正

ホームへ戻る > 子供のときに始める矯正

インプラント維持に必要なこと
入れ歯よりもインプラント
BBクリームは韓国コスメ
初診のポイントをチェックする
吸収率の高い水を選ぶ

小学校五年生から約四年間、歯列矯正をしていました。元々、歯並びには自信がなかったのですが、『高額』というイメージがあったので、なかなか決めれずにいました。しかし千代田区内に腕の良い矯正歯科があると聞き、相談に行き、少しでも早いうちから初めて、少しでも早く終わらせたほうが良いと言われ、決断しました。今でこそ、針金を使わない歯列矯正がありますが、その当時は針金を使う歯列矯正が主流で、子供ながらに口をあけて笑うことにためらいがありました。当時の写真を見返すと、口をあけずに笑っている写真ばかりで、苦い思い出となっています。千代田区内小学校に通っていたのですが、この歯科の口こみ評判が良いせいか、1クラスに4,5名矯正をしている生徒達がいました。他の区に住んでいる親戚などにその話をするとびっくりされます。矯正している子は1クラスに1名いるかいないかくらいだ・・・と言っていました。それだけその歯科医の評判が良かったのでしょう。

今でも評判が良く、インターネットで、千代田区、歯科、歯列矯正」と入力すれば、その歯科医院の名前や口コミ情報が沢山検索できます。その当時は歯の矯正をしていることがコンプレックスとなっていましたが、今はそのお陰で歯には自信がありますし、写真など歯を見せることに抵抗は全くありません。歯並びを気にしている友人が、歯科医に相談にいったところ、大人になってからの矯正は時間がかかりやすい・・・と言われたと話してくれました。